プロ野球 交流戦6試合の結果

プロ野球は交流戦の6試合が行われ、西武の平良投手がプロ野球記録に並ぶ開幕から31試合連続無失点で5セーブ目を挙げました。

▽西武対DeNAは、西武が5対3で勝ちました。

西武は1対1の2回、柘植選手のタイムリーツーベースと岸選手のタイムリーで2点を勝ち越し。

4回には栗山選手のタイムリーで追加点を挙げました。

先発の内海投手は5回3失点で今シーズン初勝利、9回にマウンドに上がった平良投手はプロ野球記録に並ぶ開幕から31試合連続無失点で5セーブ目を挙げました。

DeNAは先発の坂本投手が3回途中4失点と試合を作れませんでした。

▽楽天対中日は、楽天が6対2で勝ちました。

楽天は3回、浅村選手と岡島選手のタイムリーで2点を先制。

4回には鈴木大地選手の3号ツーランで追加点を挙げました。

先発の瀧中投手は5回2失点で5勝目を挙げました。

中日は勝野投手が4回4失点と崩れました。

▽ソフトバンク対広島は、1対1で引き分けました。

ソフトバンクは0対1の8回に、三森選手のタイムリースリーベースで追いつきました。

ソフトバンクはレイ投手が8回をヒット4本1失点の好投でした。

広島はクロン選手の6号ソロで先制し、玉村投手が6回無失点と好投しました。

▽ロッテ対ヤクルトは、ロッテが2対1で勝ちました。

ロッテは0対1の5回にエラーで追いつき、8回にレアード選手の15号ソロホームランで勝ち越しました。

先発の佐々木朗希投手は6回1失点の内容で、3人目の唐川投手が4勝目を挙げました。

ヤクルトは村上選手の18号ソロによる1点止まりでした。

▽オリックス対巨人は、オリックスが6対0で勝ちました。

オリックスは1回、杉本選手の2点タイムリーツーベースなどで3点を先制し、5回にはT-岡田選手の7号スリーランで追加点を挙げました。

先発の山崎福也投手は6回無失点で2勝目。

オリックスは3連勝で、勝率を5割に戻しました。

巨人は今シーズンワーストの4連敗を喫しました。

▽日本ハム対阪神は、阪神が4対2で勝ちました。

阪神は5回、中野選手のタイムリーで先制し、7回には近本選手の4号ソロホームランでリードを広げました。

先発のアルカンタラ投手は7回途中を無失点で2勝目、スアレス投手が19セーブ目を挙げ、阪神は3連勝、日本ハムは3連敗です。