住宅で9歳と7歳の兄弟死亡 母親もけが 前橋

10日午後、前橋市の住宅で9歳と7歳の男の子の兄弟が血を流して倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡しました。

現場では凶器とみられる刃物が見つかり、兄弟の母親もけがをして病院で手当てを受けているということで、警察は詳しい状況を調べています。

10日午後3時すぎ、前橋市富士見町の住宅で「帰宅したら子ども2人とその母親が倒れている」などと同居する男性から警察に通報がありました。

警察が駆けつけたところ住宅の1階の部屋で9歳と7歳の男の子の兄弟と、母親が血を流して倒れているのが見つかり、このうち兄弟は搬送先の病院で死亡しました。

母親もけがをしていて病院で手当てを受けているということです。

これまでの調べで、兄弟には刺されたとみられる傷があり、現場の住宅からは凶器とみられる刃物が見つかったということです。

現場は前橋市の中心部から8キロほど離れた住宅地や畑が点在する地域で、警察は詳しい状況を調べています。