高校体育祭に参加の生徒6人 熱中症疑いで搬送 新潟 南魚沼

10日午後、新潟県南魚沼市の八海高校のグラウンドで、体育祭に参加していた生徒6人が熱中症の疑いで病院に搬送されました。いずれも軽症で命に別状はないということです。

10日午後2時ごろ、南魚沼市の県立八海高校のグラウンドで体育祭のリレー競技を応援していた女子生徒1人が倒れたあと、5人の生徒が体調不良を訴えて救急車で病院に搬送されました。

医師の診断の結果、6人は熱中症とみられいずれも軽症で、命に別状はないということです。

現場に近い魚沼市小出では10日午後2時半に31.4度の最高気温を観測し、ことし初めて真夏日となりました。

学校では1時間に1回程度、校内放送のアナウンスで水分補給をするよう指導していたということです。

県教育委員会は、県内の学校に対して熱中症への対策を改め、徹底するよう通知することにしています。