聖火リレー青森県1日目 公道でのリレー中止で点火セレモニー

東京オリンピックの聖火リレーが10日から青森県で始まりました。1日目の10日は公道でのリレーが中止され、代わりの点火セレモニーが青森市で行われました。

青森県内の聖火リレーは10日と11日の2日間の予定で、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえて1日目の10日は公道でのリレーが中止されました。

代わりのイベントとして、青森市の青い海公園で点火セレモニーが行われ、2日目の一部のルートも含めて公道でのリレーが中止になった青森市やむつ市など10の市町村を走る予定だったランナー110人が参加しました。

感染対策のため、一般の観客は会場に入れず、ランナーが30メートルほど走って次のランナーに聖火を移す「トーチキス」で聖火をつなぎました。

スタートを務めたのは、北京オリンピックでソフトボールの日本代表の監督としてチームを金メダルに導いた齋藤春香さんで、聖火を移すと、トーチをバットに見立てたようなポーズを決めていました。
セレモニーは午後6時半ごろまで続き、最後を務めた青森市出身のタレント、古坂大魔王さんが聖火皿に聖火を移しました。

11日は、公道で聖火リレーが行われる予定で、十和田市から八戸市まで合わせて4つの市と町を回ります。