陸上 五輪代表選考の日本選手権 出場選手発表 男子100mは激戦

東京オリンピックの代表選考を兼ねて、今月24日から行われる、陸上の日本選手権の出場選手が発表され、注目の男子100メートルには、9秒95の日本新記録をマークした山縣亮太選手や、前の日本記録保持者のサニブラウン アブデル・ハキーム選手など、史上最強といわれる選手たちがそろってエントリーしました。

105回を迎える陸上の日本選手権は、今月24日から4日間の日程で、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われます。

ことしは東京オリンピックの代表選考となる注目の大会で、日本陸上競技連盟は10日、出場選手と競技日程を発表しました。

このうち注目の男子100メートルには、今月6日に9秒95の日本新記録をマークした山縣選手をはじめ、前の日本記録保持者で9秒97の自己ベストを持つサニブラウン選手、いずれも9秒98の桐生祥秀選手や小池祐貴選手といった、9秒台の選手が4人そろいました。

さらに、今月、10秒01の自己ベストをマークした多田修平選手や、10秒03のケンブリッジ飛鳥選手など、9秒台に迫る選手も出場し、史上最強といわれるメンバーが、3枠の代表をめぐり激しく競り合うことが予想されています。

男子100メートルのレースは大会1日目の今月24日に予選と準決勝が行われ、決勝は大会2日目、25日の午後8時半に行われます。

山縣選手などすでにオリンピックの参加標準記録を突破している選手は、3位以内に入れば、その場で代表に内定します。