九州から北海道で気温上昇 各地で真夏日 熱中症に十分注意を

10日は、九州から北海道の広い範囲で気温が上がり、30度以上の真夏日となっています。熱中症に十分注意が必要です。

気象庁によりますと、10日も九州から北海道の広い範囲で高気圧に覆われて晴れ、日本海側を中心に気温が上昇しています。

午後3時までの最高気温は、大分県日田市で34.9度、兵庫県豊岡市で34.7度、福岡県久留米市で34.5度、鳥取市で33.3度、福井市で32.9度と厳しい暑さとなっています。

東京の都心でも30.7度と3日連続の真夏日となりました。

また、10日は北日本でも気温が上がり、福島市で32.4度、山形市で31.9度、北海道の新得町で31.9度、北見市で30.9度と、北海道ではことし初めて真夏日となりました。

湿度なども加えた「暑さ指数」は九州など西日本の各地で激しい運動は避けるべきだとする「厳重警戒」まで上がっています。

この時期はまだ暑さに慣れていないため、特に高齢者や子どもは熱中症に十分注意が必要です。

高齢者がワクチン接種など外出する場合は、できるだけ日ざしを避け、時間を決めてこまめに水分を補給することが重要です。

家族や周囲の人が電話など直接声をかけてエアコンの使用を確認してください。

午後も気温はさらに上がり、日中の最高気温は、
▽兵庫県豊岡市で35度と、猛暑日が予想されているほか、
▽大分県日田市と福岡県久留米市で34度
▽高松市、鳥取市、京都市、それに福井市で33度
▽甲府市や山形市で32度などと、
厳しい暑さが予想されています。

湿度なども加えた「暑さ指数」は、九州などで激しい運動は避けるべきだとする「厳重警戒」まで上がる予想です。

この時期は、まだ暑さに慣れていないため、特に高齢者や子どもは熱中症に十分注意が必要です。

高齢者がワクチン接種などで外出する場合は、できるだけ日ざしを避け、時間を決めて、こまめに水分を補給することが重要です。

家族や周囲の人が電話など直接声をかけて、エアコンの使用を確認してください。