アメリカ国防総省 中国対抗で同盟国などとの協力 強化する戦略

アメリカ国防総省は急速な軍備の拡大を続ける中国に対抗するため、日本を含む同盟国や友好国との協力を強化する戦略をまとめ、今後これに基づいてアメリカ軍の新たな展開方針などが検討される見通しです。

アメリカのバイデン政権は急速な軍備の拡大を続ける中国に対抗するため政権発足直後のことし2月から国防総省内に設けた特別作業チームで戦略の検討を進め、国防総省は9日、検討結果がまとまったことを明らかにしました。

その大部分は機密に指定されており公表されていませんが、国防総省以外の政府機関とも連携し中国に対抗する取り組みを進めていくことや、日本を含むインド太平洋地域の同盟国や友好国との協力関係を強化していくなどとしています。

また、これを受けてオースティン国防長官は中国をアメリカのもっとも深刻な挑戦者と位置づけたうえで、アメリカ軍をあげて対抗することを改めて国防総省内に指示しました。

オースティン長官は声明で「同盟国や友好国とのネットワークを一層活性化して抑止力を強化するとともに、アメリカ軍の新たな展開方針を検討し戦力の増強や近代化を図るためのものだ」と説明しています。