菅首相 今夜イギリスへ出発 G7サミット 2年ぶりの対面開催で

G7サミット=主要7か国首脳会議に出席するため菅総理大臣は10日夜、イギリスに向けて出発します。対面でのG7サミットは2年ぶりで、新型コロナウイルス対策や気候変動のほか覇権主義的な行動を強める中国をめぐって議論が行われる見通しです。

菅総理大臣は11日から13日にかけてイギリス南西部のコーンウォールで開かれるG7サミット=主要7か国首脳会議に出席するため10日夜、イギリスに向けて羽田空港を出発します。

G7サミットが対面で行われるのは2年ぶりで、菅総理大臣にとっては去年9月の就任以来、初めて臨む対面での国際会議となります。

今回のサミットでは新型コロナウイルス対策のほか、気候変動や経済・貿易、地域情勢などをめぐって議論が行われる予定です。

このうち、新型コロナウイルス対策ではワクチンの公平な供給に向けた途上国支援の在り方をめぐって意見が交わされるほか、地域情勢では覇権主義的な行動を強める中国への対応がテーマになる見通しです。

サミットに合わせて菅総理大臣は、議長国のイギリスのほかフランスやドイツ、サミットに招待されているオーストラリアの首脳らとの個別の会談を調整しており、個人的な信頼関係の構築につなげたい考えです。

公明 山口代表「東京五輪・パラ開催の方向性を」

公明党の山口代表は、党の中央幹事会で「民主主義国家どうしの結束を確認する重要な意義を持つ。新型コロナウイルスのワクチン接種をリードしていくのがG7の役割でもあり、先にワクチンサミットを開催した日本が、さらにG7の流れを加速することに期待したい」と述べました。

また、東京オリンピック・パラリンピックについては「日本の取り組みを率直に伝えたうえで、協力し合って開催する方向性を探り、共通の認識を見いだしてもらうことを期待したい」と述べました。