立民 枝野代表 近く野党党首会談の考え 不信任決議案の扱いも

菅総理大臣との党首討論を受けて、立憲民主党の枝野代表は記者団に対し、新型コロナウイルス対策のために政権を変える必要性が明確になったとして、近く野党の党首会談を開き、今後の対応を協議する考えを示しました。内閣不信任決議案の扱いも協議される見通しです。

この中で枝野氏は、9日の党首討論について「新型コロナの影響が続く中での、オリンピック開催の安全性と意義に加え、今年度の補正予算案や国会の会期延長の必要性について、いずれもゼロ回答だった」と指摘しました。

そのうえで「戦後最大の危機において、国民の命と暮らしを守り、機能する政府をつくるには、政権を変えるしかないと確信した。野党の党首会談をセットして、対応を協議するよう指示をした」と述べ、近く野党党首会談を開き、今後の対応を協議する考えを示しました。

また、枝野氏は、内閣不信任決議案の提出の是非を問われたのに対し「私は各党の意見をうかがう、取りまとめの立場なので、今はあえて提出の是非について言わない」と述べました。

野党内には不信任決議案の提出を求める声があり、会談では、その扱いも協議される見通しです。