群馬 元草津町議“リコール失職無効”訴え退ける判決 東京高裁

群馬県草津町の元町議会議員が、リコール=解職請求を受けて住民投票で失職し、リコールは無効だと訴えた裁判で、東京高等裁判所は訴えを退けました。

草津町議会の新井祥子元議員は「議会の品位を著しく傷つけた」として、リコール=解職請求を受け、去年12月、住民投票で解職に賛成する票が過半数を占め失職しました。

これに対して新井元議員は、町長や議員が主導したリコールは無効だとして、群馬県選挙管理委員会を訴えました。

東京高等裁判所の深見敏正裁判長は判決で「町長がリコールを行っていないことに加え、町長や議員がリコールのために署名を集める運動をすることは禁じられていない。リコールは有効だ」として、新井元議員の訴えを退けました。

新井元議員は判決のあと、東京 霞が関で会見を開き「権力者によるリコールで引きずり下ろされるのは民主主義に反する。悪しき前例になりかねず残念だ」と話していました。

一方、群馬県選挙管理委員会は「こちらの主張どおり、県選管の裁決が法にかなったものであったと認められたと認識している」というコメントを出しました。