株価 値下がり “接種普及に伴う景気回復期待で売り注文先行”

9日の東京株式市場、株価は値下がりしました。

▼日経平均株価、9日の終値は、8日より102円76銭安い、2万8860円80銭。

▼東証株価指数=トピックスは、5.51下がって、1957.14。

▼1日の出来高は9億9445万株でした。

市場関係者は「ワクチン接種の普及に伴う景気回復への期待から、このところ値上がりしていた機械や海運などの銘柄で、利益を確保するための売り注文が先行した。ただ、取り引きの材料が乏しいとして様子を見たいという投資家も多かった」と話しています。