陸上男子100mで日本新 山縣亮太が五輪代表選考会へ意気込み

陸上男子100メートルで9秒95の日本新記録をマークした山縣亮太選手が取材に応じ、オリンピックの代表選考会となる日本選手権に向けて「さらなる記録更新をねらいながら代表をとりにいきたい」と意気込みを話しました。

28歳の山縣選手は、6日に鳥取市で行われた「布勢スプリント」の男子100メートル決勝で、これまでの記録を100分の2秒更新する9秒95の日本新記録で優勝しました。

山縣選手は9日、オンラインで報道各社の取材に応じ、日本記録の更新について「両親へのいいプレゼントになった」と笑顔で振り返り、「けがもあったが、多くの人の支えがあったのでここまで気持ちを切らさずにやってこられた」と感謝のことばを述べました。

山縣選手の次のレースは、今月24日に開幕する東京オリンピックの代表選考会となる日本選手権です。

大会にはサニブラウン アブデル・ハキーム選手、桐生祥秀選手、小池祐貴選手と9秒台の選手をはじめ、多田修平選手やケンブリッジ飛鳥選手など9秒台に迫るタイムの選手も全員が出場を予定していて、代表に内定するには3位以内に入ることが求められます。

これについて山縣選手は「さらなる記録更新をねらっていくという気持ちを持ちつつも、1番重要なのは3位以内に入ること。まわりの選手も速く簡単ではないが、今回のレースの反省を生かして自信を持って大会に臨み代表をとりにいきたい」と意気込んでいました。