福岡 久留米市など ことし初「猛暑日」 熱中症に十分注意を

9日は、北海道から九州の広い範囲で晴れて気温が上がり、福岡県久留米市では、ことし国内で初めて35度以上の「猛暑日」となりました。10日も厳しい暑さが続く見込みで、熱中症に十分な注意が必要です。

気象庁によりますと、9日は九州から北海道の広い範囲で、高気圧に覆われて晴れ、気温が上がりました。

福岡県久留米市では、午後1時半すぎに35度ちょうどを観測し、国内ではことし初めての「猛暑日」となりました。

午後4時までの各地の最高気温は
▽福岡県久留米市で35.6度、
▽佐賀市と大分県日田市で35.1度と猛暑日となったほか、
▽山口市で33.5度、
▽松山市で33度ちょうど、
▽甲府市で32.7度、
▽岐阜市で32.3度、
▽大阪市で32.2度、
▽福島市で31.5度、
▽東京の都心で31.1度などと各地で厳しい暑さとなりました。
10日も厳しい暑さが続く見込みで、熱中症に十分注意が必要です。

熱中症で搬送された人の約半数は、65歳以上の高齢者です。

ワクチン接種などで外出する機会もあると思いますが、直射日光を避け、なるべく涼しい服装で出かけましょう。

高齢になると暑さを感じにくくなり、基礎代謝も落ちるため、体感に頼ると「まだ暑くない」と対策が遅れます。

家族や周囲の人が電話など、直接声をかけてエアコンの使用を確認してください。