NBA 今季MVPはナゲッツのヨキッチ セルビア出身選手の受賞は初

NBA=アメリカプロバスケットボールの今シーズンのMVP=最優秀選手が7日、発表され、ナゲッツのセンター、ニコラ・ヨキッチ選手が初めて選ばれました。

ヨキッチ選手はセルビア出身の26歳。

2メートル11センチの長身に加え、パスセンスやシュートの正確性を兼ね備えた万能型のセンターです。

今シーズンは全72試合に出場して1試合平均で26.4得点、10.8リバウンド、8.3アシストと好成績をマークし、2つの部門でふた桁の数字をあげる「ダブルダブル」をリーグ最多の60回達成しました。

セルビア出身の選手がMVPを受賞するのは初めてで、センターの選手の受賞はレイカーズのシャキール・オニールさん以来21年ぶりとなりました。

ヨキッチ選手は2014年のドラフトで2巡目、全体41番目で指名されましたが、ドラフト2巡目の指名選手がMVPを受賞するのは初めてで、アメリカでは「史上最も下位指名の選手のMVP受賞」として話題となっています。