高所作業車が高圧線に接触 ゴンドラ上の作業員2人死亡 横浜

9日午前、横浜市のゴルフ場で、木の伐採作業をしていた高所作業車が高圧線に接触し、ゴンドラ部分に乗っていて感電したとみられる作業員の男性2人が死亡しました。

9日午前8時すぎ、横浜市にあるゴルフ場、「戸塚カントリー倶楽部」で、木の伐採作業をしていた高所作業車が高圧線に接触し、作業員の男性2人が、車のゴンドラ部分に取り残されました。

近くには、ほかにも高圧線があったため、救出活動は付近の電気を止めてから行われ、事故からおよそ5時間後に助け出されましたが、2人はすでに死亡していたということです。

これまでの調べで、2人は9日朝7時ごろからゴンドラ部分にあるコントローラーを使って高所作業車を操作し、樹木の伐採を進めていて、地上の運転席は無人だったということです。

警察は、亡くなったのは、東京 渋谷区の造園会社に勤める50代と40代の男性とみて身元の確認を進めるとともに、誤って高圧線に接触して感電したとみて、事故の詳しい状況を調べています。

一方、JR東日本横浜支社によりますと、この事故の影響で、JR横浜線は一時全線で運転を見合わせました。