夏の五輪競技団体連合 東京五輪成功へ最大限の支援を確認

夏のオリンピックの国際競技団体を束ねるASOIF=オリンピック夏季大会競技団体連合は総会を開き、東京オリンピックが安全に配慮したうえで成功できるよう最大限の支援を続けていくことを確認しました。

ASOIFは夏のオリンピックで実施される28競技の国際競技団体が加盟する組織で、8日、オンラインで定期総会を開きました。

この中で、先月、テスト大会の視察で日本を訪れた世界陸連のセバスチャン・コー会長は、大会の準備を進める組織委員会について「私はこれほどまでに大会関係者すべての安全に配慮している大会を知らない。にもかかわらず世間に理解されていない。彼らの続けている努力はもっと評価されるべきだ。大会の安全性について私たちももっと強くメッセージを発信していくべきだ」と呼びかけました。

ASOIFのリッチビッチ会長も「国際競技団体はこの数か月の間にもたくさんの大型大会を安全に開催しているので、こうした知見を東京大会でも全面的に活用してほしい」と述べたうえで「大会の成功を支援するためASOIFと国際競技団体は今後も引き続き全力で取り組む」と述べて、東京オリンピックが安全に配慮したうえで成功できるよう最大限の支援を続けていくことを確認しました。