プロ野球交流戦 楽天が4年ぶりの6連勝 交流戦でも首位に

プロ野球は交流戦6試合が行われ、パ・リーグ首位の楽天が中日に勝ち、4年ぶりの6連勝で交流戦でも首位に立ちました。

▽楽天対中日は楽天が5対2で勝ちました。
楽天は0対1の4回、島内選手の9号ソロホームランで追いつき、5回に鈴木大地選手と岡島選手のタイムリーで2点を勝ち越しました。先発の岸投手は6回2失点で3勝目です。

楽天は4年ぶりの6連勝で勝ち越しを今シーズン最多の10とました。
中日は好調の柳投手が7回途中5失点と打たれました。

▽ソフトバンク対広島は1対1で引き分けました。
ソフトバンクは6回に今宮選手が先制の3号ソロホームランを打ちましたが、広島は7回、會澤選手の2号ソロで追いつきました。

ソフトバンク先発の武田投手は7回をヒット3本、フォアボールを与えずに10個の三振を奪い1失点。広島の先発大瀬良投手も7回をヒット4本、8個の三振を奪って1失点と好投しました。

▽ロッテ対ヤクルトはロッテが7対4で勝ちました。
ロッテは2対3の3回に中村奨吾選手の3号ソロホームランで追いつき、続く4回には荻野選手のタイムリーなどで2点を勝ち越しました。さらに5回にレアード選手の14号ソロで1点を加えました。

先発した二木投手は6回を3失点で3勝目をあげました。ヤクルトは先発した奧川投手が5回で12本のヒットを打たれ、6失点と崩れました。

▽オリックス対巨人は3対3で引き分けました。
オリックスは2点を追う8回、同点に追いついた後、福田選手のタイムリーで3対2と勝ち越しました。逆転された巨人は9回、ツーアウト二塁から、松原選手がタイムリースリーベースを打ち、再び同点としました。

オリックスは先発の山岡投手が7回2失点、巨人先発の今村投手が5回無失点の内容でした。

▽西武対DeNAは西武が8対3で勝ちました。
西武は1対1の4回、栗山選手、山川選手、呉選手の3者連続タイムリーとスパンジェンバーグ選手の4号ツーランで6点を勝ち越しました。

先発の松本投手は6回途中を2失点で自身4連勝として5勝目をあげました。DeNAは先発のピープルズ投手が4回途中7失点と崩れ、打線もヒット15本を打ちながらチャンスを生かせませんでした。

▽日本ハム対阪神は阪神が3対2で勝ちました。
阪神は2対2の9回、ツーアウト二塁で代打の原口選手がタイムリーツーベースを打ち、これが決勝点になりました。

4人目の馬場投手が2勝目をあげ、9回はスアレス投手が締めました。日本ハムは6回に同点に追いつきましたが、終盤のチャンスを生かせず、9回は3人目の杉浦投手が打たれました。