北海道 JR函館線保線車両 ブレーキ効かず7キロ走行 けが人なし

7日夜遅く、北海道のJR函館線で保線作業に向かっていた車両のブレーキが効かなくなり、制御できない状態のままおよそ7キロにわたって走行していたことが分かりました。途中、警報器などが作動していない3つの踏切を通過しましたが、けがをした人はいませんでした。

JR北海道によりますと、7日午後11時50分ごろ、線路の砂利を補充する作業に向かう保線車両が、七飯町にある函館線の大沼駅と隣の仁山駅の間の下り坂を走行中、ブレーキが効かなくなりました。

車両は制御が効かない状態のまま函館方向におよそ7分間、7キロにわたって走り続け、一時、時速80キロほどで走行したあと、自然に速度を落として隣の北斗市内で停止したということです。

車両はこの間、警報器や遮断機が作動していない3つの踏切を通過し、新函館北斗駅を含む2つの駅を通過しましたが、一般の列車は運行を終了していたほか、踏切を渡る車や人もおらず、けがをした人はいませんでした。

車両の運転士は「七飯町内の踏切の手前で一時停止する予定でブレーキをかけたが止まらず、下り坂だったため加速し始めた」と話しているということで、JRはブレーキが効かなくなった原因を調べています。

JR北海道は「ご迷惑とご心配をおかけし深くおわび申し上げます」とコメントしています。

車両の様子は

NHKがJR新函館北斗駅に設置しているカメラには8日午前0時ごろに保線作業用とみられる車両が駅構内を通過する様子が写っています。

車両はライトを点灯しながら大きな通過音をたてて大沼駅方面から七飯駅方面に向かって走っているのが分かります。