東京 墨田区 五輪・パラのパブリックビューイング中止決定

東京 墨田区は、東京オリンピック・パラリンピックの大会期間中に開催予定だったパブリックビューイングについて新型コロナウイルスの感染状況を踏まえて中止することを決めました。

墨田区では、東京オリンピック・パラリンピックの期間中、区の主催で東京スカイツリータウンの屋外会場でパブリックビューイングや競技体験を楽しめるイベントを開催する予定でした。

新型コロナウイルスの感染拡大後は、入場人数を半分に制限することや、ステージイベントの縮小、それに飲食ブースの設置を取りやめるなど、見直しを進めてきましたが、大会の開催が目前となっても収束が見通せないなどとして、8日、イベントを中止することを決めたということです。

墨田区は「会場の装飾費などの運営経費が発生してしまうためこの時期には判断する必要があった。残念だが区民の健康や安全を最優先に考慮し、人流を抑制するという観点で総合的に考え、中止を決めた」と話しています。