立民 本多議員「心からおわび」性行為同意めぐる発言で謝罪

立憲民主党の本多平直衆議院議員は刑法の見直し議論で、50歳近いみずからが14歳の子と同意があって性行為に至った場合でも逮捕されることになるのはおかしいと発言したことについて「不快な思いをさせたことを心からおわびしたい」と謝罪しました。

本多衆議院議員は党の会合で、刑法で定める性行為への同意を判断できるとみなす年齢を今の13歳以上から引き上げることの是非を議論していた際「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになるのはおかしい」と発言していたことがわかり、批判が相次いでいます。

本多氏は8日、国会内で記者団の取材に応じ、発言の真意について「子どもを保護するために成年を処罰する考えには賛成しているが、人を処罰する法律なのでどのような例外があるのか幅広く緻密な検討をしたいと考えている中での発言だった」と釈明しました。

そして「私の認識不足の発言で多くの方を傷つけ不快な思いをさせたことを心からおわびしたい」と謝罪しました。

この発言をめぐっては立憲民主党の福山幹事長が本多氏を口頭で厳重注意しています。

公明 山口代表「極めて不見識な発言」

公明党の山口代表は記者会見で「14歳は義務教育の年齢であり同意があったからいいというレベルではなく極めて不見識な発言だ。本人が謝罪して発言を取り消したと報じられているが当然のことだ」と述べました。