東日本や西日本で気温上昇 午前中に真夏日も 熱中症に十分注意

8日は東日本や西日本の広い範囲で晴れて気温が上がり、すでに30度以上の真夏日となっているところがあります。午後は西日本を中心にさらに気温が上がる見込みで、熱中症に十分注意が必要です。

気象庁によりますと、関東甲信や東海、西日本は高気圧に覆われておおむね晴れ、午前中から気温が上がっています。

午前11時30分までの最高気温は、静岡県の浜松市佐久間と川根本町で32.4度、山口市で31.5度、群馬県の高崎市と桐生市で31.4度、東京の都心で30.2度などと各地ですでに真夏日になっています。

東京の都心で真夏日となったのは、ことし初めてです。

午後も気温はさらに上がり、日中の最高気温は大分県日田市で34度、京都市、名古屋市、甲府市で33度、佐賀市、岡山市で32度、東京の都心で31度など、各地で厳しい暑さになる見込みです。

こまめに水分を補給し、室内では適切に冷房を使うなど熱中症に十分注意してください。

環境省や厚生労働省は、マスクを着けると皮膚からの熱が逃げにくくなり体温調節がしづらくなっているとして、マスクを着用しているときは激しい運動を避け、のどが渇いていなくてもこまめな水分補給を呼びかけています。

一方、上空に寒気が流れ込む影響で東北や関東甲信を中心に大気の状態が不安定になる見込みです。

急な強い雨や落雷、突風、「ひょう」などにも注意が必要です。