職域など申請受け付け開始 幅広く接種進むことに期待 河野大臣

職場や大学などでのワクチン接種の申請受け付けが8日から始まることについて、河野規制改革担当大臣は記者会見で、取引先や従業員の家族も含め、幅広く接種が進むことに期待を示しました。

この中で、河野規制改革担当大臣は「いよいよきょうから、企業や大学の職域接種の申請を受け付ける。事前に意向を示しているのは規模感として3桁ある。立ち上がりにこれだけそろってくるとは思っていなかった」と述べました。

そのうえで、協力企業や取引先、それに従業員の扶養家族なども対象に、幅広く接種が進むことに期待を示す一方、自治体が行っている高齢者などへの接種に影響が出ないよう、会場や担い手は企業や大学が独自に確保すべきだと強調しました。

また河野大臣は、計画で示した量のワクチンが一部の自治体に配送されていない事例や、接種が進んでいる自治体へのさらなる供給が滞っている事例が出ていると指摘し「都道府県の中には『足並みをそろえる』とか、バカなことを言っているところがあるが、全くおかしな話だ」と述べ、都道府県に対し、適切に調整するよう求めました。