児童8人殺害 附属池田小学校事件 きょうで20年

大阪 池田市の大阪教育大学附属池田小学校で8人の児童が殺害された事件から8日で20年となり、学校で追悼の集いが開かれました。

平成13年の6月8日、大阪教育大学附属池田小学校に宅間守元死刑囚が侵入し児童8人が殺害され、児童13人と教員2人がけがをしました。

事件から20年となる8日、遺族と児童、教職員の合わせておよそ650人が出席して追悼の集いが開かれ、はじめに亡くなった8人の名前が刻まれた塔の鐘が鳴らされて全員で黙とうをささげました。

そして、当時6年生の担任だった眞田巧校長は学校の安全を確保する取り組みは20年の節目がゴールではないとしたうえで犠牲になった児童に対し「学校が安全で安心して学べる場所であるように、これからも努力を続けます」と語りかけました。

このあと、児童代表の6年生が「あの事件のようにつらい思いをする人がもう二度と起こらない社会を作るために、この事件のことをいつまでも語り伝え続けたいです。亡くなった8人の皆さんの分まで精いっぱい生きていきたいと思います」と誓いのことばを述べました。
学校の前には一日、献花台が設けられ、訪れた人が花を手向けたり手を合わせたりしていました。

附属池田小学校では不審者に対応する訓練を行うほか、事件を教訓に「安全科」という授業を設け子どもたちの命を守るための教育を続けています。

同級生「亡くなった人たちへの思い 背負って生きたい」

大阪 池田市に住む伊藤政貴さん(27)は事件当時小学1年生で、同級生を亡くしました。

体育の授業で体育館にいたところ突然、教員から避難するよう指示され、クラスメートとともに一斉に運動場に逃げました。逃げる途中では救助にあたってスーツに血がついている教員や救急車で搬送される同級生の姿を目の当たりにしました。

事件から20年となる8日、伊藤さんは午前8時半すぎに母親とともに附属池田小学校を訪れ、亡くなった8人を思って選んだ8本のひまわりの花をあしらったブーケを献花台に手向け、手を合わせました。

伊藤さんは「同級生たちにはこれからもしっかりと生きていくと伝えました。6月8日は自分にとって人生を見つめ直す大切な日です。亡くなった同級生も事件がなければ社会人になったり結婚したり、さまざまな人生があったと思います。亡くなった人たちへの思いを背負って今後も生きていきたい」と、8人への思いを語っていました。

遺族「かなうものなら娘を抱きしめたい」

当時小学2年生だった長女の花菜さんを亡くした塚本有紀さん(54)は8日取材に応じ「かなえてもらえるなら抱きしめてあげたいです」と娘への思いを語りました。

20年前、塚本さんは母親からの電話で事件のことを知り、駆けつけた病院で花菜さんと対面しました。

その後も、起きたことを受け入れられない時期が続き「なぜ娘は亡くなったのか、何がいけなかったのか」と問い続けてきました。

20年が過ぎた今もふとしたときに苦しくなることがあり、8日の追悼の集いでも事件当日と似た日ざしの強さに当時を思い出し、足が震え、胸が苦しくなったといいます。

搬送先の病院で花菜さんの枕元に置かれ、最期まで寄り添ったハムスターのぬいぐるみは今も手元に大切に置いているということです。

塚本さんは「もうかなわないけれども、かなえてもらえるなら抱きしめてあげたいです。成長する娘が見たかったです。卒業式も出たかったし、成人式の晴れ着も一緒に買いに行きたかった。楽しい話も聞きたかった。こんなにもしんどいものなのかと思います」と話していました。

そして「いつかあの子に会えたとき『ママ、頑張ってたよ』と言ってもらえるように頑張ることが今の私の生きがいです」と話していました。

遺族「事件を風化させず心に刻んでほしい」

当時小学2年生だった長女の優希さんを亡くした本郷由美子さん(55)は8日、NHKの取材に応じ、事件を風化させず語り継いでいくことの大切さを訴えました。

本郷さんは事件のあと心のケアについて学んで「精神対話士」の資格を取得し、事件や災害で家族を失った人たちなどを支える活動を続けています。

追悼の集いに出席するのを前に学校近くでNHKの取材に応じ「20年がたっても、朝、目覚めると夢であってほしいと思う気持ちは変わりません。きょうは大切な娘と向き合い、これまで自分が何をできたのか報告してことばを交わす一日にしたいと思います」と話しました。

そのうえで「再び悲しい事件が繰り返されないよう、事件を風化させず少しでも多くの人が記憶にとどめ心に刻んでほしいです。当時の子どもたちが成長するのを見る中で時間の経過は感じますが、新しい世代の人たちにも私たちの思いを紡いでいくことがこれから大切になってくると感じています」と話していました。

当時勤務の教員「今でも守れなかったのかを考える」

事件当時、大阪教育大学附属池田小学校で勤務していた教員は20年前を振り返り「今でも子どもを守ることができなかったか考えることがある」と話しました。

当時、1年生のクラスで担任をしていた小林弘典さんは現在、市内の北豊島小学校の校長を務めています。

自分のクラスは体育の授業中で教え子が直接、被害を受けることはありませんでしたが、子どもたちの避難誘導や大けがをした同僚の介抱などにあたりました。

20年が過ぎた8日、小林さんは日課にしている校舎の見回りを行い、事件が起きた午前10時すぎには校長室から校庭で体育の授業を受ける子どもたちの様子を静かに見つめていました。

小林さんは20年間、事件のことは片ときも忘れたことがなく、あの日から時が止まったままになっているところがあるとしたうえで「今も、亡くなった子どもを守ることができなかったのかと考えることがある」と話しました。

現在は自分自身の経験を児童や教員に伝えるようにしているということで「学校の安全に力を入れて、児童が怖い思いをしないようにしたい」と話していました。

当時6年生の担任 眞田校長「事件を風化させず発信」

事件当時、6年生の担任を務めていた大阪教育大学附属池田小学校の眞田巧校長は追悼の集いのあと取材に応じ「20年前、子どもを守れなかった申し訳ない気持ちは今も変わりません。事件を風化させずに発信し続けていきたい」と話していました。

附属池田小学校では8日、防犯や防災について学ぶ「安全科」の授業を行ったということです。

眞田校長は「児童たちには今後、守られる存在から守る存在になってほしいという思いがあり、きょうの『安全科』の授業では自分にできることは何かを考えてもらいました」と話していました。

大阪教育大学 “”事件の教訓 語り継ぐ講義”

大阪教育大学では教員を目指す学生たちに附属池田小学校で起きた事件について伝える講義が行われました。

これは大阪教育大学が事件の教訓を語り継ごうと毎年行っているもので、瀬戸口昌也教授の講義には教員を目指す3、4年生およそ20人が出席しました。

講義ではまず、出席者全員で1分間の黙とうを行いました。

そのあと事件をテーマにしたNHKの番組が上映されたほか、事件後附属池田小学校で定期的に行われている教職員の防犯訓練といった安全対策が紹介されました。

20年がたち事件の記憶がない学生がほとんどだということで、瀬戸口教授が教訓を語り継ぎ学校の安全管理に力を入れていってほしいと話すと、学生たちは真剣な表情で聞き入っていました。

出席した男子学生は「この大学だからこそ事件のことや学校の安全について学べることがあると思う。将来、小学校の教師になったら学んだことを生徒や他の先生に伝えていきたい」と話していました。

女子学生は「当時の教員や遺族の話などは初めて聞いたので胸が痛かった。守れたはずの命を守れないことほどつらいことはないと思うので、学校の安全について考え、子どもを守れる教師になりたい」と話していました。

宅間元死刑囚の弁護士は

この事件の裁判で宅間守元死刑囚の弁護を担当した戸谷茂樹弁護士(75)は8日、所属する大阪 都島区の弁護士事務所で取材に応じました。

戸谷弁護士は「裁判ではどう弁護したらよいのか苦しみに苦しみました。彼には物事を判断する能力があったので、減刑ではなく、事件を起こした背景を明らかにすることを目標にしていました」と当時の思いを語りました。

そのうえで「彼がしたことは許されないことですが、背景を探るためにほかとは違う特別な人間だと切り捨てないことが大切だと思って取り組んできました。今後もどのようにしたら同じような事件が起きないようにできるのか、考え続けなければならないと思います」と話していました。

文科相「たゆまぬ取り組みを行っていきたい」

萩生田文部科学大臣は閣議のあとの記者会見で「犠牲になられた方々やそのご家族をはじめ、関係された方々に改めて哀悼の意を表したい。子どもたちが学校で安心して活動し学べるようにするには、前提として学校での安全を十分確保することが不可欠だ。文部科学省としても過去の事件を教訓として子どもの安全確保に関し関係機関や教育委員会等と連携しながら、たゆまぬ取り組みを行っていきたい」と述べました。

官房長官「再発防止に努めなければいけない」

加藤官房長官は閣議のあとの記者会見で「事件から20年が経過するが犠牲になられた方々やご家族、関係された方々に改めて哀悼の意を表したい。子どもの命を奪う犯罪は断じて許されるものではない。政府として事件を風化させることのないよう、関係機関が連携して再発防止に努めなければならない」と述べました。

そのうえで「保護者や地域住民による学校支援のボランティアの巡回や地域の防犯に関係したさまざまな協議の場の設置活用など、日常的な交流を含めて家庭や地域が連携する体制作りが重要だ」と述べました。