タイで逮捕 ミャンマーの記者ら第三国へ逃れる 強制送還されず

ミャンマーで軍に批判的な報道を続けてきたテレビ局に所属し、5月、隣国タイで不法入国の疑いで逮捕された記者ら5人について、テレビ局はミャンマーに強制送還されることなく無事に第三国へ逃れたと明らかにしました。

ミャンマー軍に批判的な立場をとるテレビ局「DVB=ビルマ民主の声」は7日声明を発表し、5月9日、タイ北部のチェンマイで不法入国の疑いで逮捕された記者ら5人について第三国への亡命が認められ、タイを去ったと明らかにしました。

5人は逮捕後、不法入国の罪で禁錮7か月、執行猶予1年の判決を受けましたが、DVBはミャンマーに戻ることになれば命の危険にさらされるとして、タイ政府に強制送還しないよう強く求めていました。

DVBのエイ・チャン・ナイン編集長は「5人の安全確保を可能にしてくれたタイと世界中の人々に感謝申しあげます」とコメントしましたが、どの国に逃れたかは明らかにしていません。

ミャンマーではクーデター以降、軍がメディアへの圧力を強め、DVBを含む複数のメディアの免許が剥奪されているほか、東南アジアのジャーナリストらでつくる団体によりますとすでに解放された人も含めるとこれまでに87人の報道関係者が拘束されたということです。