仏 グーグルに約290億円制裁金 オンライン広告で自社優遇

フランスの規制当局はIT大手のグーグルがオンライン広告を巡り自社のサービスを優遇し競争を阻害したなどとして日本円でおよそ290億円の制裁金を科すと発表しました。グーグルは決定を受け入れ、オンライン広告の仕組みを改善するとしています。

フランスの規制当局は7日、声明でグーグルに関してオンライン広告を巡り優位な立場を利用して自社のサービスを優遇し競争を阻害したなどとして2億2000万ユーロ、日本円でおよそ290億円の制裁金を科すと発表しました。

声明では「支配的な地位にある企業は競争を損なわないようにする責任がある」と指摘したうえで「オンライン広告の複雑な仕組みに着目した世界で初めての判断だ」としています。

一方、グーグルは声明で当局との話し合いの結果、決定を受け入れることを決めたと明らかにし、オンライン広告の仕組みを改善する方針を示しました。