アマゾン ベゾス氏 来月宇宙へ 独自開発のロケットと宇宙船で

IT大手アマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏はみずから設立した宇宙開発ベンチャー企業による初めての有人宇宙飛行で7月、宇宙に行くと明らかにしました。

アマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏が設立した宇宙開発ベンチャー企業「ブルーオリジン」は7日、独自に開発したロケットと宇宙船による初めての有人宇宙飛行を7月20日に行い、この宇宙船にベゾス氏本人も搭乗すると発表しました。

またベゾス氏は自身のソーシャルメディアで「私は5歳の頃から宇宙に旅することを夢見てきた。7月20日、私は親友でもある弟を連れて宇宙へ行く」と明らかにしました。

今回の宇宙旅行では再利用可能なロケットと宇宙船が使われ、搭乗者は宇宙空間のはじまりとされる高度100キロ付近でおよそ3分間いわゆる無重力状態を体験し、その後、地上に戻るということで打ち上げから着陸までの時間は11分とされています。

宇宙船は6人乗りでこのうち1席はオークション形式で売りに出され、現在の入札額は日本円で3億円を超えています。

民間による商業的な宇宙旅行では複数の企業が実現を目指していて、その行方に関心が高まっています。