中国 ミャンマーへの制裁続ける欧米の動きをけん制

中国とASEAN=東南アジア諸国連合の外相会合が開かれ、中国はミャンマー情勢を巡りASEANに協力する姿勢を示すとともに「一方的な制裁や不当な介入を避けるよう求める」としてミャンマーへの制裁を続ける欧米の動きをけん制しました。

中国とASEANの外相会合は中国内陸部の重慶で7日、対面で開かれ、ミャンマーからはクーデターを起こした軍により外相に任命されたワナ・マウン・ルウィン氏が出席しました。

インドネシア外務省の発表によりますと会合ではミャンマー情勢を巡り4月のASEANの首脳級会議で合意した▼暴力の即時停止や▼軍と民主派勢力との対話を仲介する特使の派遣など5つの項目に関して協議したということで、インドネシアのルトノ外相は記者会見で「ASEANの任務は合意を直ちに実行することだ」と述べました。

中国外務省によりますと王毅外相は会合でASEANの枠組みのもとで合意事項を実行することを支持するとしたうえで「ASEANとともに各国に一方的な制裁や不当な介入を避けるよう求める」と述べたということです。

中国としてはASEANに協力する姿勢を強調するとともにミャンマーへの制裁を続ける欧米の動きをけん制するねらいがあるとみられます。

ミャンマーの国営テレビ ASEANの態度に不満

ミャンマーの国営テレビは7日夜、軍トップのミン・アウン・フライン司令官とASEANの議長国を務めるブルネイのエルワン第二外相らが6月4日に行った会談について、改めて伝えました。

この中では、民主派勢力が軍に対抗して発足させた、「国民統一政府」について「関係するグループがミャンマーでテロ攻撃を行っているにもかかわらず、ASEANの国々を含め、どの国も非難する声明を出していない現状を話し合った」などと伝え、民主派勢力に対するASEANの態度に不満をにじませました。

一方、「国民統一政府」の側も6月4日に開いたオンラインの記者会見の中で、ASEANが「国民統一政府」とは接触せずに軍側とだけ会談したことを批判していて、事態の打開に向けて、仲介役を担おうとしているASEANは難しい立場に置かれています。