小学校でプール開き 密を避け 2年ぶり水泳授業復活 宮崎 日南

宮崎県日南市の一部の小学校では7日、プール開きが行われ、子どもたちが元気な姿を見せていました。

このうち日南市の飫肥小学校では去年は新型コロナウイルスの感染防止のためプールでの水泳の授業は行いませんでした。

しかしことしは、これまで学年ごとに行ってきた授業をクラス単位に分けて「密」を避けるなどの対策をして2年ぶりにプールでの授業を復活させました。

7日の授業では、4年生30人がプールサイドに集まり、まず、体育担当の男性教諭が「感染対策のためプールの中でもお互い距離をとりましょう」などと呼びかけました。

このあと、子どもたちは準備運動をしてシャワーを浴びたあとプールに入り、水中に潜ったり、プールの中を全員で時計回りに歩いて水の流れをつくったりして楽しんでいました。

7日の日南市の天気は、雲が多く薄日がさす程度で、水温は24度ほどと泳ぐには少し寒そうでしたが、子どもたちはいったんプールに入ると元気に水しぶきをあげていました。

男子児童の1人は、「水は冷たかったけど去年はなかったプールでの授業ができるのはうれしいし楽しいです」と話していました。