神奈川 黒岩知事 PV開催「非常に厳しい状況」中止も含め検討へ

神奈川県の黒岩知事は、東京オリンピック・パラリンピックに関連して、県内で予定しているパブリックビューイングについて「開催するかどうかもうしばらく様子をみたいが、非常に厳しい状況だ」と述べ、中止も含めて検討する考えを示しました。

神奈川県では、新型コロナウイルスの新たな感染者が2日続けて前の週の同じ曜日を上回りました。

これについて黒岩知事は「首都圏のほかの都県の減り方に比べて神奈川だけが取り残されている感じだ。原因は分からないが、楽観できないと思っている」と述べました。

そのうえで、東京オリンピック・パラリンピックの期間中に、県内の2か所で大型ビジョンで競技を中継するパブリックビューイングが予定されていることについて「開催するかどうかはもうしばらく様子をみたいが、非常に厳しい状況だ」と述べ、中止も含めて検討する考えを示しました。

また、今月28日から県内で行われる予定の聖火リレーの開催方法についても感染状況を見極めて判断する必要があるとしたうえで「来週には、今月20日までのまん延防止等重点措置を解除できるかどうか検討することになるのでそれと合わせて考えたい」と話していました。