“内閣不信任案は覚悟を持って対応を 直ちに解散” 二階幹事長

内閣不信任決議案をめぐり、自民党の二階幹事長は「提出する場合は、覚悟を持って対応していただきたい」と述べ、野党側から提出されれば、直ちに衆議院を解散すべきだという考えを重ねて強調しました。

内閣不信任決議案の扱いについて、立憲民主党の枝野代表は、9日行われる党首討論で新型コロナウイルスへの対応などを菅総理大臣に直接ただしたうえで判断する考えを示しました。

これについて、自民党の二階幹事長は記者会見で「会期末まで残すところ1週間余りとなった。最終盤にいろいろな局面があるかもしれない」と指摘しました。

そのうえで、不信任決議案が提出された場合の対応について「決議案を出される場合は、どうぞひとつ覚悟を持って、という気持ちで対応していただきたいという意思を伝えたわけだ。直ちに解散する」と述べ、直ちに衆議院を解散すべきだという考えを重ねて強調しました。