東京五輪・パラの中止求める陳情 都議会で不採択に

東京オリンピック・パラリンピックの中止を求める陳情の採決が東京都議会で行われ、不採択となりました。

東京都議会の定例会は7日が最終日で、議案の採決が行われました。

このうち、埼玉県の住民が、東京オリンピック・パラリンピックを中止し、経費の剰余金を生活に困窮している都民の救済にあてるよう求めた陳情は、不採択となりました。

不採択に賛成した会派は、都民ファーストの会、自民党、公明党です。

反対した会派は、共産党、立憲民主党です。

このほか、7日の本会議では、ワクチン接種を進めるため、都が大規模会場を都内5か所に設ける費用や、地域の診療所が高齢者にワクチン接種を行った場合の協力金などを含む、総額4552億円の補正予算案が可決・成立しました。