官房長官 日ロ平和条約「粘り強く交渉」プーチン大統領発言で

ロシアのプーチン大統領が日本との平和条約交渉を続ける考えを強調したことについて、加藤官房長官は、領土問題を解決し平和条約を締結するという基本方針のもと、粘り強く交渉していく考えを改めて示しました。

プーチン大統領は4日、各国の通信社の代表とオンラインで会見し、日本との平和条約交渉について、去年行った憲法改正で領土の割譲が禁止されたものの「交渉を中断すべきだとは思わない」などと述べ、交渉を続ける考えを強調しました。

これについて加藤官房長官は、7日午前の記者会見で「プーチン大統領の発言は、平和条約交渉を継続していく意向を改めて示したものと受け止めており、領土問題を解決し平和条約を締結するとの基本方針のもと、引き続き粘り強く交渉していきたい」と述べました。

また、北方四島での共同経済活動をめぐる協議について「北方領土問題の解決、平和条約の締結につなげていくという考えのもと、ロシアとの協議を重ねてきている。今後とも、日ロ双方の法的立場を害さない形での各プロジェクトの実施に向けてしっかり取り組みを進めていきたい」と述べました。