秋元司衆院議員の保釈を認める決定 東京地裁 検察は抗告

IR・統合型リゾート施設の事業をめぐる収賄の罪や証人買収の罪に問われ、無罪を主張している秋元司衆議院議員について、東京地方裁判所は保釈を認める決定をしました。保釈金は8000万円で検察は決定を不服として抗告しました。

IRを担当する内閣府の副大臣だった衆議院議員の秋元司被告(49)は
▽中国企業などから賄賂を受け取ったとして収賄の罪と
▽贈賄側にうその証言を依頼し現金を渡そうとしたとして証人買収の罪に問われ
無罪を主張しています。

弁護士が保釈を求めたのに対し東京地方裁判所は7日、保釈を認める決定をしました。

保釈金は8000万円で、裁判所によりますと秋元議員はすでに納付したということです。

秋元議員はおととし12月に収賄の疑いで逮捕され、起訴された後の去年2月に保釈金3000万円を納めていったん保釈されました。

しかし去年8月に証人買収の疑いで再び逮捕されて保釈を取り消されるとともに、保釈金も全額没収されました。

その後、9か月余り勾留が続き、保釈請求を5回繰り返していました。

東京地裁はこれまでに証人尋問の大半が終わり証拠隠滅のおそれが低下したと考えられることから、保釈を認める判断をしたとみられます。

検察はこれを不服として東京高裁に抗告しましたが、高裁が退ければ再び保釈されることになります。