3人死亡の毛ガニ漁船衝突事故でロシア人航海士逮捕 海上保安部

先月26日、北海道紋別市の沖合で、毛ガニ漁船とロシア船籍の運搬船が衝突し漁船の3人が死亡した事故で、紋別海上保安部はロシアの運搬船が衝突を防ぐための注意を怠っていたとして、当直の責任者だった38歳のロシア人船員を業務上過失致死と業務上過失往来危険の疑いで逮捕しました。

先月26日、紋別市の沖合のオホーツク海で、毛ガニ漁をしていた紋別漁協所属の漁船「第八北幸丸」(9.7トン)と紋別港に向かっていたロシア・サハリンのネベリスク船籍の運搬船「AMUR」(662トン)が衝突し、転覆した「第八北幸丸」の乗組員5人のうち3人が死亡しました。

この事故で紋別海上保安部は、双方の関係者からの聞き取りや航行ルートの解析などを捜査した結果、ロシア船籍の運搬船の当直責任者だったロシア人三等航海士のドブリアンスキー・パーベル容疑者(38)が見張りを怠って衝突を防ぐための注意をしておらず乗組員3人を死亡させたとして、7日午前10時前、業務上過失致死と業務上過失往来危険の疑いで逮捕しました。

海上保安部は、認否を明らかにしていません。

海上保安部は、船での監視態勢など当時の状況について解明を進めることにしています。

毛ガニ漁船所属の漁協組合長「原因はっきり話して」

ロシア人航海士の逮捕を受けて、毛ガニ漁船が所属する紋別漁協の飯田弘明組合長は「とりあえず安どした。航海士は事故の原因について海保の調べにはっきりと話してほしい」と話していました。