日本テレビ社長 差別的な表現問題で北海道アイヌ協会に謝罪

ことし3月、日本テレビの番組でアイヌの人たちを傷つける差別的な表現があった問題で、日本テレビの社長が6日、北海道アイヌ協会の総会に出席して謝罪するとともに、アイヌの歴史を学ぶ社員研修を実施するなどの再発防止策について説明しました。

日本テレビがことし3月に放送した情報番組「スッキリ」の中で、アイヌの人たちを傷つける差別的な表現があった問題では、北海道アイヌ協会が放送に至った原因の究明や再発防止策を説明するよう日本テレビに申し入れていました。

日本テレビの小杉善信社長は6日、札幌市で開かれた北海道アイヌ協会の総会に出席し「アイヌの人たちの長年の活動で地位の向上や正しい理解がようやく進み始めているさなか今回の放送が正しい理解に水を差し、時計の針を戻してしまったことについて責任を痛感している」と述べ謝罪しました。

また、放送に至った原因について「アイヌの人たちが差別を受けてきたことへの理解が足りず、放送したことばが直接的な差別表現だという認識が欠如していた。放送前のチェック機能も働いていなかった」と述べました。

そのうえで再発防止策として、アイヌの歴史や人権について学ぶ社員研修を行っているほか番組制作では、放送前に制作担当者以外が内容を確認するようチェック体制を強化したと説明しました。

北海道アイヌ協会の大川勝理事長は「すべての差別がなくなるとは考えられないが、今回をきっかけに差別が減っていくことを願っている」と話していました。