池田小事件から8日で20年 被害児童の同級生は今

大阪・池田市の大阪教育大学附属池田小学校で、8人の児童が殺害された事件から8日で20年になります。学校では追悼の集いが開かれ、遺族らが出席する予定です。

大阪教育大学附属池田小学校では、20年前の平成13年6月8日、刃物を持った男が侵入して1年生と2年生の児童8人が殺害され、児童13人と教員2人がけがをしました。

事件から20年となる8日、学校では追悼の集いが開かれ、遺族らが出席する予定です。

新型コロナの影響で例年よりも規模は縮小するということです。

附属池田小学校では事件を教訓に防犯や防災について学ぶ「安全科」という授業を設け、子どもの命を守る教育に力を入れてきました。

また、教職員が不審者への対応訓練を定期的に行っているほか、緊急時用の対応マニュアルをホームページで公開しています。

20年がたち、事件を経験した教員は校長だけになったということです。

学校では教訓を広く共有し、子どもが巻き込まれる事件が繰り返されることのないようにしたいとしています。

同級生亡くした ガンバ大阪職員 渡邉さん

当時2年生で幼なじみの同級生を亡くした渡邉怜奈さん(27)は今、サッカーJ1、ガンバ大阪の運営会社で働いています。

渡邉さんの教室に刃物を持った男が入ってきたのは2時間目の授業が終わったあとでした。

渡邉さんは男にぶつかりながら必死に廊下に逃げました。

当時は何が起きたのか理解できませんでしたが、担任の教員が男にいすを投げつけていたことや、けがをした子どもを抱えた教員のスーツに血が付いていたことなどを今でもはっきりと覚えているといいます。

事件からしばらくたって、新聞やテレビに同級生たちの写真が映っているのを見て母親に理由を尋ね、幼なじみの森脇綾乃ちゃん(当時7)を含む8人が亡くなっていたのを知りました。

明るく、活発だった綾乃ちゃんは、泣き虫だった渡邉さんをよく励ましてくれました。

幼稚園も同じで、小学校でも通学や休み時間に一緒に過ごしていた幼なじみの死に、ふさぎ込んでいた渡邉さんを励ましてくれたのがサッカーとの関わりでした。

学校を慰問に訪れた選手と交流したり、試合で花束を渡したりして、徐々に元気を取り戻した渡邉さんは、いつか自分でも周りを元気づけるようになりたいと考えるようになったといいます。
いまはガンバ大阪の運営会社で選手とサポーターの交流イベントなどを企画している渡邉さん。

事件を決して忘れずに、亡くなった幼なじみや同級生たちの分まで強く生きたいと考えています。

渡邉さんは「綾乃ちゃんには『今は泣いていないよ。強くなったよ』と伝えたい。一緒に遊んでいた綾乃ちゃんや同級生たちに恥ないないよう、同級生たちの分までちゃんと生きていきたい。私の経験を生かして、同じような思いをしている人や悲しい思いをしている人を元気づけたい」と話していました。

当時1年生 子ども食堂の運営 伊藤さん

附属池田小学校の1年生だった伊藤政貴さん(27)は現在、地元で子ども食堂の運営に携わっています。

事件当時、体育の授業で体育館にいたところ、教員からすぐに逃げるよう指示をされ、クラスメートとともに、一斉に運動場まで走りました。

逃げる途中、倒れている児童と、シャツが赤く染まった教員の姿も目に入ったといいます。

事件後は不安感が続き、救急車のサイレンやヘリコプターの音に強く反応することもありました。

さらに、誰かが入ってこないか恐怖心を感じるため、ドアの鍵が施錠されているか何度も確認してしまうなど日常を取り戻すのに時間がかかりました。

大学生になった頃、自分を支えてくれたのは両親や学校を訪問してくれたスポーツ選手など周囲の大人の存在だったと気付いたということで、「当時のことをふと振り返ることがあり、大人たちが自分を元気づけ、応援してくれていたのかなと年をとるごとに身にしみて分かってきました」と話していました。
このため、大学生になったとき、今度は自分が子どもたちを支えたいと母親の睦美さんとともに地元で子ども食堂を始めました。

現在は会社員として働きながら関わっていて、家庭や学校でつらい思いをしている子どものよりどころになるため、食堂では決して怒らず、「お兄ちゃん」として優しく接することにしています。

この1年半ほどは新型コロナウイルスの影響で食堂でみんなで食事をすることが難しく、月に2回ほど、睦美さんが弁当を作り食事を提供しています。

事件から20年がたち、伊藤さんは「大変なこともあるが、子どもたちの笑顔や成長を見ていると始めてよかったなと感じます。事件が無ければ亡くなった同級生たちも自分と同じようにいろんな経験ができていたはずなので、彼らの思いも背負ってこれからの人生を歩んでいかなければと思います」と話していました。

クラスメートの女児が被害 研修医 中原さん

事件当時、附属池田小学校の2年生だった中原康輔さん(28)は、現在、大阪市立大学医学部附属病院で研修医として勤務しています。

事件が起きたのは国語の授業が終わったあとすぐで、チャイムが鳴る直前でした。

教室の前側のドアが開き、刃物を持った男の姿が見えた瞬間、クラスメートの女子児童が刺されていたといいます。

教員に促されて運動場に避難しましたが、クラスメートを心配して教室に戻ったということで、「教室に戻ると先生が介抱していました。心配になって近づきましたが先生に『逃げてなさい』って言われて運動場に逃げました。自分はそのとき、何もできませんでした」と話し今でも当時の光景が忘れられず、心に残っているといいます。
そのときの経験もあり、高校2年生で医師になることを決意したということで、「医者になる理由、なりたい理由について自分のなかにあったのはあの事件のときのあの女の子のような子が目の前に現れたら自分が助けたい、助けられるようになりたいという思いでした」と医師を志した経緯を話していました。

去年からは小児科医を目指して研修医として大学病院で勤めていて、ことし3月には救急病棟で新型コロナウイルスの重症患者の治療にあたりました。

比較的若い人たちが必死の治療にもかかわらず相次いで亡くなる現状を前に大きなショックを受け、改めて命について考えさせられたといいます。

事件から20年になるいま、中原さんは「当時、席が違えば、自分が亡くなっていてもおかしくなく、事件を思い出すたびに命の大切さというのは何かなと考えてしまいます。自分の命を助かった命、助けられた命として、次の命に役立てていく、誰かを助けるためにいかしていきたいです」と将来への決意を語りました。