プーチン大統領 日本との平和条約交渉 継続の考えを強調

ロシアのプーチン大統領は、日本との平和条約交渉について、去年行った憲法改正で領土の割譲が禁止されたものの「交渉を中断すべきだとは思わない」などと述べ、交渉を続ける考えを強調しました。

ロシアのプーチン大統領は4日、第2の都市サンクトペテルブルクで行われた国際経済フォーラムで、各国の通信社の代表とオンラインで会見しました。

この中でプーチン大統領は日本との平和条約交渉について、去年行った憲法改正で領土の割譲が禁止されたことは「もちろん考慮しなければならない」としたものの、「平和条約の交渉を中断すべきだとは思わない」と述べました。

さらに、プーチン大統領は「私たちは多くの分野で自然なパートナーだ」として、両国が協力できる分野は多いとしたうえで「双方が、戦略的に平和条約の締結に関心を持っているという理解に基づいて、協議を継続する用意がある」と述べ、交渉を続ける考えを強調しました。

ロシアの新しい憲法では、領土の割譲が禁止された一方、国境線の画定交渉は禁止項目から除外されていて、プーチン大統領としては、日本との首脳会談が2年近く行われていない中、平和条約交渉の継続を呼びかけたものとみられます。