フェイスブック トランプ氏のアカウント停止措置 2年間に

フェイスブックはアメリカで起きた連邦議会への乱入事件を受けて、トランプ前大統領のアカウントを無期限に停止した措置について、期間を2年間に見直したうえで、再開を認めるかどうか改めて判断する方針を示しました。

ことし1月に起きた連邦議会への乱入事件を受けて、フェイスブックはトランプ前大統領のアカウントを無期限で停止しましたが、フェイスブックの第三者機関「監督委員会」は先月、停止の判断は妥当だったとしながらも解除の期限を定めないのは不適切だとして見直しを求めていました。

フェイスブックは4日、声明を発表し、トランプ氏の停止期間について、ことし1月を起点にして再来年1月までの2年間とすることを明らかにしました。

そのうえで、期間が終了する時点で公共の安全に対するリスクがないか検討し、危険があると判断した場合は停止を延長するほか、再開を認める場合でもトランプ氏が規定に違反すれば、アカウントを永久に停止することもあり得るとしています。

期間を2年間にした理由については「トランプ氏による深刻な違反行為を防ぐのに十分な長さと考えた」と説明しています。

連邦議会への乱入事件をめぐってはツイッターがトランプ氏のアカウントを永久に停止し、アメリカでは、ソーシャルメディアへの投稿のチェックの在り方について、議論が続いています。

トランプ前大統領「私に投票した人への侮辱行為」

これについてトランプ前大統領は声明を出し「フェイスブックの判断は、不正が行われた2020年の大統領選挙で私に投票した、記録的な数にのぼる7500万人への侮辱行為だ。フェイスブックが人々を検閲したり、沈黙させたりすることは許されるべきではない」としています。

そして、続けて出したもう1つの声明では「私が再び大統領になった時にはザッカーバーグ氏やその妻と夕食会を開くことはないだろう」として強く反発しています。