福島県とトヨタ “水素活用した街づくり” プロジェクト開始へ

脱炭素社会の実現に向けて、福島県とトヨタ自動車は、大手コンビニなどと連携して、店舗の電源や車の動力源などを水素で賄う街づくりのプロジェクトを来年から、いわき市と郡山市で始めることになりました。

発表によりますと、福島県とトヨタ自動車は、大手コンビニチェーンや地元のヨークベニマルなどのスーパーと連携して、水素を活用した街づくりのプロジェクトを始めます。

プロジェクトは、来年からいわき市と郡山市で始め、コンビニやスーパーで使う配送用のトラックに、水素を使って走るFCV=燃料電池車を数十台導入します。

水素は、福島県浪江町にある製造施設などで作られた水素を使います。

また、それぞれの市内にあるコンビニやスーパーの店舗、それに工場などには、水素を使って発電する専用の機器を設置し、車や照明、機械などの電力の一部を賄います。

このプロジェクトでは、人口30万人規模の都市のエネルギー源として水素を取り入れた場合に、必要となる水素の量やインフラ整備の課題などを検証することにしています。

福島県とトヨタは「世界に先駆けた水素社会やカーボンニュートラルの実現に向けたチャレンジを着実に進めていきます」としています。