五輪 聖火リレー きょうから新潟県 予定どおり公道で

東京オリンピックの聖火リレーが4日から新潟県で始まり、感染症対策が取られる中、糸魚川市をスタートしました。

東京オリンピックの聖火リレーは新潟県内では、4日と5日の2日間行われ、当初の予定どおりすべての区間で公道を走り、14の市町村を回ります。

4日朝はスタート地点の糸魚川市役所で出発式が行われ、感染症対策のため、観覧者が事前に申し込んだ20人余りに限られる中、富山県から引き継がれた聖火が拍手に迎えられて入場しました。

このあと、第1走者を務める糸魚川市出身のお笑い芸人、横澤夏子さんが登場し「感謝の気持ちを持って走りたいです」とあいさつしたあと、トーチに聖火がともされました。

このあと、市役所を出発し、聖火リレーが始まりました。

糸魚川市では、5年前に発生した大規模火災からの復興が進む町並みなどを13人のランナーがリレーし、時折小雨が降る中、笑顔で沿道に手をふりながら1人200メートルの区間を走りました。

聖火リレーはこの後、第2区間の上越市で行われ、午後からは佐渡市などをつないで1日目のゴール地点、南魚沼市の「八色の森公園」で聖火の到着を祝う「セレブレーション」が行われます。

感染症対策として県はできるだけ沿道での応援を控えてインターネットの中継を活用し沿道で応援する場合は周囲と距離を保ったうえで大声は出さず拍手などで応援するよう呼びかけています。