東日本と北日本 激しい雨のおそれ 沿岸では暴風や高波にも警戒

低気圧や前線の影響で、東日本と北日本の各地で局地的に雨雲が発達しています。4日夜遅くにかけて激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒が必要です。北日本の沿岸では暴風や高波にも警戒してください。

気象庁によりますと、北海道付近にある前線を伴った低気圧と、本州の南岸付近にある前線の影響で、広い範囲で大気の状態が不安定になり、東日本や北日本の各地で局地的に雨雲が発達しています。

午後5時までの1時間には北海道のえりも町目黒で36.5ミリの激しい雨が降りました。

低気圧の接近に伴って南寄りの風も強まり、北海道の釧路市では、午後5時すぎに26.8メートルの最大瞬間風速を観測しました。

大気の不安定な状態はこのあとも続く見通しで、東日本と北日本では、4日夜遅くにかけて雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあります。

また北日本では、今夜遅くにかけて、海上を中心に非常に強い風が吹く見込みで、最大風速は北海道で23メートル、東北で18メートルで、最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達すると予想されています。

波も高まり、5日にかけての波の高さは、北海道で6メートルの大しけが、東北で5メートルのしけが予想されています。

気象庁は、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒するとともに、北日本の沿岸では暴風や高波にも警戒するよう呼びかけています。