沖縄県 県立学校 2週間の休校決定 部活動もすべて中止へ

沖縄県は、子どもたちの間で新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していることを受けて、県立学校を原則、来週7日から2週間、休校にすることを決めました。

沖縄県は3日、対策本部会議を開き、高校などの県立学校を原則、来週7日から20日までの2週間、休校にすることを決めました。

沖縄県は市町村に対しても小中学校で同様の対応をとるよう要請することにしていて、玉城知事は4日、県内の市町村長とオンラインで意見を交換し、理解を求めることにしています。

また、県立学校でことし8月までに開催される九州大会や全国大会の予選を兼ねた県大会などに出場する場合にかぎり認めている部活動も、すべて中止するよう求めます。

さらに、緊急事態宣言の期間中の外出自粛の要請を強化するため、床面積が1000平方メートルを超える大規模な商業施設に対して、5日から土日は休業するよう要請します。

玉城知事は記者会見で「子どもたちの大事な学びの機会を制限せざるをえない今の状況を振り返り、一層の感染拡大防止に努めていただきたい」と対策への協力を呼びかけました。