スリランカ沖 コンテナ船炎上 化学物質や重油流出のおそれ

インド洋の島国スリランカの沖合に停泊していたコンテナ船が炎上し、積み荷の化学物質や重油が流出するおそれが出ていて、環境への影響が懸念されています。

スリランカの港湾当局などによりますと、最大都市コロンボの沖合およそ17キロの海上に停泊していたシンガポール船籍のコンテナ船から先月20日、火が出て、その後、激しく炎上しました。

海軍などが消火活動に当たった結果、火はおよそ2週間後の今月1日になって、ようやく消し止められました。乗組員は全員救助され、無事でした。

船にはおよそ1500個のコンテナが積まれていて、硝酸25トンのほか、複数の化学物質や化粧品、それに300トン近い重油などを運んでいたということです。

コンテナ船は船尾から沈み始めていて、今後、積み荷の化学物質や重油が海に流れ出すおそれがあり、環境への影響が懸念されていて、海軍は現場海域の調査を続けています。

海岸には積み荷の一部とみられる大量のプラスチック片や、がれきなどが流れ着き海軍が回収に当たっていて、政府は漁業関係者に対しこの付近での漁を禁止しています。