東京五輪開幕まで50日「安全安心に開催 信じる」JOC 山下会長

東京オリンピックの開幕まで50日となった3日、JOC=日本オリンピック委員会の山下泰裕会長が会見し「否定的な意見が多いことも理解できるが、大会は安全安心に開催できると信じている」と述べ大会の開催に意欲を示しました。

JOCの山下会長は都内で定例の会見を行い、開幕まで3日で50日となった東京オリンピックについて「国内の感染状況を悪化させるといった不安から大会の開催に否定的な意見が多いことも理解できる。こうした声に対してより具体的な対策を説明していくことが必要である」と話しました。

報道陣から大会の中止や再延期についての可能性を問われると「再延期に関しては、オリンピック単体だけではなくさまざまなことが関係するので現実的に不可能だと思う。大会は安全安心に開催できると信じている」と述べ大会の開催に意欲を示しました。

検討が続いている観客の制限については「安全安心が確保できるのであれば観客を入れてやりたいと思っている。しかし、全国の移動などを含めてリスクになるのであれば無観客の開催もやむをえないと思っている」と話しました。

また、開催をめぐり政府の分科会の尾身会長が「パンデミックの中での開催は普通ではない」などと述べたうえで、大会成功のためにはなるべく小規模にする必要があると指摘したことについて「全くそのとおりだと思う。この発言は重く国民に迷惑をかけないようさらにもう一段努力する必要がある」と述べ、大会組織委員会などと連携して関係者の削減などに取り組んでいく姿勢を改めて示しました。

一方、今月1日から本格的に始まったオリンピックの選手や指導者などに対するワクチン接種について自身も3日、接種したことを明らかにしたうえで「さまざまな考えで辞退する選手もいるが、選手の95%が接種する方向で進んでいる。自分を守るだけではなくまわりに迷惑をかけないことになる」と述べ、選手団の接種に理解を求めました。

このほか、オリンピックの選手団が一堂に集まって開催している壮行会を来月6日に開催することを発表し、今回は感染拡大防止のためオンラインでの開催となるということです。