拿捕の漁船 排他的経済水域で操業を確認 外務省 ロシアに抗議

北海道稚内市の沖合でロシアの警備当局に拿捕(だほ)された日本漁船について、外務省は、この漁船が日本の排他的経済水域で操業していたことが確認されたとして、ロシア側に抗議するとともに、乗組員と船体の速やかな解放を重ねて求めました。

ロシア サハリン州の国境警備局は5月28日、北海道の稚内機船漁協所属の底引き網漁船「第百七十二榮寳丸」がロシアの排他的経済水域で操業していたとして拿捕し、サハリン南部の港に連行したと発表しました。

これについて外務省は漁船や漁協関係者の説明を踏まえて分析した結果、当時、漁船は日本の排他的経済水域で操業していたことが確認されたとして、ロシア側の主張は受け入れられないと抗議しました。

そのうえで、乗組員と船体の速やかな解放を重ねて求めたということです。