東京五輪・パラのボランティア 約8万人のうち1万人辞退

東京オリンピック・パラリンピックの競技会場や選手村などで活動するボランティアおよそ8万人のうち、辞退者がおよそ1万人に上っていることが大会組織委員会への取材でわかりました。
大会組織委員会は、背景にコロナ感染への懸念や大会延期による環境の変化があると見ていて、ボランティアにオリンピックとパラリンピックの活動を兼務してもらうなどの対応を取り、大会運営には問題がないとしています。

組織委員会は、東京大会の競技会場や選手村などで活動する「フィールドキャスト」と呼ばれる大会ボランティアおよそ8万人を採用していましたが、ことし2月の森前会長の発言をきっかけに辞退者が相次ぎました。

その後もコロナ感染への懸念や転勤といった環境の変化を背景に、辞退者の数が1日までにおよそ1万人に上っていることがわかりました。

これについて組織委員会の武藤事務総長は「スケジュール表を見て活動が難しいと思う人もいたと思う。オリンピックとパラリンピック両方で活動してもらうなどの対応を取り、運営に問題はないと考えている」としています。

組織委員会によりますと、ボランティアを含む国内から東京大会に参加する関係者はオリンピックでおよそ19万人、パラリンピックでおよそ11万人の合わせて延べ30万人に上り、このうち、警備や輸送などに当たるスタッフが延べ19万人、組織委員会の職員が延べ1万4000人などとなっているということです。