LGBT法案 今国会見送り合意否定 自民・立民国対委員長

LGBTの人たちへの理解を促進するための法案について、自民党の下村政務調査会長は、自民党と立憲民主党の国会対策委員長の間で、今国会の提出は見送ることを確認しているとして、次の国会への提出を目指す考えを示しました。
一方、自民党と立憲民主党の国会対策委員長は、いずれもそのような確認はしていないと否定しています。

LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちへの理解を促進するための法案をめぐって、自民党は会期末が今月16日に迫っていることから、今の国会への提出を見送る方針ですが、法案の検討にあたった与野党の議員からは、今の国会での成立を目指すべきだという声が出ています。

これについて自民党の下村政務調査会長は記者会見で「超党派の議員連盟が法案の修正を検討し、各党の責任者や幹部と協議したと聞いているが、自民党の森山国会対策委員長と立憲民主党の安住国会対策委員長が改めて話し合い、今の国会には提出しないことを決めたと報告を受けている」と明らかにしました。

そのうえで、下村氏は、次の国会への法案の提出を目指す考えを示しました。

立民 安住国対委員長「見送りで合意ない 事実無根」

立憲民主党の安住国会対策委員長は「法案の提出見送りで自民党とわが党が合意した事実はなく、事実無根だ。このことは、自民党の森山国会対策委員長とも確認し、自民党側からも訂正するよう申し入れた。自民党以外の政党は法案を早く成立させたいと思っており、自民党総務会で了承されれば、今国会中の成立は可能だという考えに変わりはない」とするコメントを発表しました。

自民 森山国対委員長「合意するような段階に至っていない」

自民党の森山国会対策委員長は、NHKの取材に対し「議員立法が国会に提出されてもいない段階で、成立をさせる、させないという 話になるわけがない。安住国会対策委員長とは、超党派の議員連盟が検討している法案の修正は、各党の手続きをやり直さないといけないので、なかなか難しいが、最後まで何かいい方法はないか、協議は続けようと話をしていた。与野党の国会対策委員長で何かを合意するような段階には至っていない」と述べました。