ホテルで男女刺され女性死亡 男性大けが 容疑者逃走 東京 立川

1日夕方、東京 立川市のホテルで男女2人が刃物で刺され、女性が死亡し男性も大けがをしました。現場から容疑者が逃走していて警視庁が行方を捜査するとともに詳しい状況を調べています。

1日午後4時前東京・立川市曙町のホテルで20代から30代くらいの男女が血を流して倒れているのが見つかりました。

警視庁などによりますといずれも包丁のような刃物で刺されていて、女性はまもなく死亡し男性も大けがをして手当てを受けています。

事件が起きたのは建物の5階で、当初亡くなった女性と容疑者とみられる男が一緒に部屋にいたということです。

その後、助けを求める声が聞こえたため近くにいた男性が部屋に入ろうとしたところ刺されたということです。

容疑者は黒っぽい服を着てリュックサックを持っていたということで、現場から走って逃げました。

警視庁が行方を捜査するとともに当時の詳しい状況を調べています。

現場は立川駅から近い飲食店や雑居ビルなどが建ち並ぶ場所で、人通りは多いということです。

現場近くの人などは

現場のホテルの近くにある飲食店の経営者は「サイレンの音が鳴り響いたので店の外に出てみると、30人から40人ほどの捜査員が集まり、騒然となっていました。犯人が逃げているという話も聞いたので心配です」と話していました。

警察の鑑識作業の様子を見ていた50代の男性は「仕事帰りに通りかかったら、パトカーが何台も来ていたので事件かなと思いました。このあたりは飲み屋が多い地域で、びっくりしました」と話していました。

40代の男性は「午後5時すぎに現場に来たら、大勢の人が集まっていて、警察がホテルの前を調べていました。犯人がまだ捕まっていないと聞きましたが、自分の家も近く、よく買い物や食事をする場所でこういう事件が起きて怖いです」と話していました。