立民 枝野代表 “政治とカネ むしろひどい話” 二階氏発言受け

政治とカネの問題をめぐり、自民党の二階幹事長が「ずいぶんきれいになってきているのではないか」と発言したことについて、立憲民主党の枝野代表は、河井案里氏らによる選挙違反事件を念頭に、むしろ状況はひどくなっていると批判しました。

自民党の二階幹事長は1日の記者会見で「政治とカネの問題はずいぶんきれいになってきているのではないか。カネを使って選挙をやりたいと思ってる者は自民党にはおらず、真摯(しんし)に向き合っていきたい」などと述べました。

これについて立憲民主党の枝野代表は党の会合で、河井案里氏らによる選挙違反事件を念頭に「自民党から1億5000万円もの資金が特定の候補者に流れ、その候補者が摘発される『政権与党総ぐるみ』の政治とカネの問題は過去に聞いたことがなく、きれいになったどころか、むしろひどい話になっている」と批判しました。

また、立憲民主党の安住国会対策委員長も記者団に対し「二階氏の発言は耳を疑う。どこがどうきれいになっているのか説明してほしい」と述べました。