菅首相 6月中に“一般人への接種”“職場や大学でも接種を”

新型コロナウイルスのワクチン接種の加速化に向けて、菅総理大臣は、6月中に、広く一般の人への接種とともに、職場や大学などでの接種を始める考えを示しました。

1日の参議院厚生労働委員会で、菅総理大臣は、新型コロナウイルスのワクチン接種について「今月中に、高齢者への接種の見通しがついた自治体から、基礎疾患がある人も含め、広く一般の人にも、順次接種を始める。あわせて、今月中旬以降、職場や大学などでの接種も開始できるようにしたい」と述べました。

また「来月末までに高齢者への接種を終えるべく、私自身が先頭に立って、接種の加速化を進めており、そのためには、医療従事者の確保が極めて重要だ」と述べ、救急救命士や臨床検査技師も接種を行えるようにすることや予診などで薬剤師に協力してもらうことを説明しました。

一方、東京オリンピック・パラリンピックについて「『人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとしたい』ということは今も変わっていない。大会についてさまざまな声があることは、私自身も承知しており、そうした指摘をしっかり受けとめた中で、取り組みを進めている」と述べました。

そして「選手や大会関係者の感染対策をしっかり講じて、安心して参加できるようにするとともに、国民の命と健康を守っていく。これが開催の前提だと考えている」と述べました。

さらに「政府の分科会などに開催の可否や条件を諮問すべきではないか」と問われたのに対し、菅総理大臣は「東京都や組織委員会などとの調整会議を開催しており、感染症の専門家に参加してもらい、意見を伺っている。引き続き丁寧に議論していきたい」と述べました。